世界の子どもたちに学校を贈ろう会【NGOセスコ】NGO SESCO

Language: GB.pngFR.png

headimg.jpg

HOME > 会員

理事長ごあいさつ

 一年を振り返る余裕もなく時間が行く感じの毎日です。東日本大震災を国難として捉え、日本復興の話がメディアを賑わしていますが、犠牲となられた方々、被災された方々の心中ははかり知れない悲しみにあるのではないかと思います。阪神淡路大震災を経験した者として、あのなんとも表現できない地鳴りと、早朝の闇に光った一瞬の地球の軋みからくる火花のようなひかりを思い出してしまいます。心中より、犠牲となられたの方々のご冥福と被災された方々にお見舞い申し上げます。

 2011年4月 SESCOは18年目を迎えました。 
当会は、アフリカの子供たちの教育環境に目を向け、その改善に貢献しようと、主に、ガーナ共和国、コンゴ民主共和国を対象として支援活動してまいりました。
昨今、ボランティア活動がNPO化されていますが、SESCOは任意のボランティアグループで、コアメンバーは創立より変わらず活動を続けております。それぞれの仕事を持ち、それぞれの環境、・事情を抱えながらの継続活動です。
感じますことは、個々の事情もさることながら、日本国に漂う閉塞感、経済力の衰退といったものが、ボランティア活動に影響しているのではないか。ODA大国日本国が退歩し、日本は影が薄くなった、などという声をよく聞くようになりました。日本の高齢少子化も影響あるでしょう。確かに日本は変わりつつあると思います。そしてその中でのボランティア活動であるという認識を深めております。確かに我々は高齢化していますが、パートナーのアフリカの友人達も同じです。彼らともまた、セスコ創立からの付き合いを続けております。
継続、持続からくる力の蓄積、経験、知恵、ノウハウを結集していけるということ、そして築いてきたコンゴを中心としたアフリカ人脈。これからも、我々日本人の考え方、やり方を理解し、実行する現場パートナーの育成に努力してまいりますので、変わらぬ皆様の暖かいご支援とご指導をいただけますよう宜しくおねがい致します。

NGOセスコ 理事長
山口正俊

理事一覧

理事長
山口 正俊
副理事長
徳本 薫
Kalubi Bukasa
矢田 暁美
深尾 幸市
長尾 圭造
余頃 聡
木村 素衛

総会報告

2011/06/25

2011年度総会報告書

理事長 山口正俊
2011年度の総会において下記議案の決議及び審議が承認されました。

開催日時: 2011年6月25日(土)午後1時00分〜3時00分
場  所: 大阪市 新阪急ホテル内 レストラン ビーツ
出 席 者: 山口正俊 徳本薫 Kalubi Bukasa 矢田暁美
     木村素衛 (委任状 深尾幸市 長尾圭造 余頃聡)

■第一号議案 2010(平成22)年度 事業報告・決算

  事業報告
   ・ 定期理事会の開催
   ・ 10月17日 第16回アフリカンセミナー開催
    コンゴ民主共和国の悲劇
    講師 宇都宮大学特任准教授 米川正子女史
   ・ 12月17日 クリスマス チャリティー パーティー
    於 大阪日本生命御堂筋ビル
   ・ コニプロ支援活動
    ストリートチルドレンのためのこども農園のために56万円送金、
    リース更新、農園のフェンスづくり、管理人ハウス建設、飲料水の確保

決算報告(パートナーズ参照)

■第二号議案 2011(平成23)年度 事業計画・予算

  事業計画
   パートナーズに掲載
  予算計画
   パートナーズに掲載

■第三号議案 定期理事会の開催場所

  第三土曜日 大阪薬業会館にて開催する。

以上

wt2_top.gif

会員・スタッフの募集

■ 会員募集

  • NGO SESCCOでは会員を募集しております。世界(特にはアフリカ)の恵まれない環境に暮らすこどもや女性のために、この恵まれた日本から何か手を差し伸べるべき、問題意識や行動力をお持ちの方はお問い合わせください。年会費は12,000円です。運営費とチャリティに必要です。イベント開催時や運営にもたずさわっていただきます。

■ スタッフ募集

  • 会費の出費は避けたいが、労働的奉仕活動は社会人として必要だと、お考えの方にはスタッフとして、お手伝いください。スタッフとして登録いただくとイベント開催時や会員の助っ人としてお手伝いいただく場合が有ります。国際的な交遊を広げるのにも役立つでしょう。下記よりお問い合わせください。

■ スポンサー募集

  • 社会法人として奉仕活動が必要だとお考えの経営者様には、自国内のみでなく、世界的視野に立った救済の活動として、我々の活動支援をしていただければ、知恵によって多くの人々の命が救えます。メディアが入れない程危険なために報道も無く、世界で一番救済の手が届いていない場所が有ります。一番必要なところの情報が知られていないのが現実です。ご支援の申し出をお待ちしております。